Scroll
学生生活のさまざまなデータ(イラスト)

学生 × DATA

学生の男女比・通学時間や出身地など、摂南の食品栄養学科に集う学生のデータを分析してみました。

DETAIL

学生 × 生活スタイル

摂南の食品栄養学科には日々の授業をこなしながら、趣味やサークル活動、部活動、地域連携活動、アルバイトなどに励むアクティブな学生がいます。

INTERVIEWFOOD INNOVATING TEAM

学生生活のイメージ(写真)

アスリートのパフォーマンス向上を目指して

INTERVIEW

― 摂南大学の管理栄養士課程を目指したきっかけ
8歳の頃からスポーツクライミングを続けているのですが、これまでにクライミングのための体づくりやパフォーマンスの向上に悩んでいました。そんなときに「どんな食事や栄養素を摂取すると体に良いのか?」ということに疑問を持ち、栄養が体にどのような影響を与えるのかについて、より深く学びたいと思いました。

SEE MORE

設備と周辺施設

施設のイメージ(写真)

枚方キャンパス8号館(農学部棟)では、最新鋭の機器・器具・設備を備えた実験・実習室、毎日の学習を支援する自習室やラーニングコモンズ、居心地の良い食堂が皆さんをお待ちしています。

DETAIL

施設のイメージ(写真)

摂南の食品栄養学科では、食と栄養に関するありとあらゆる実験・実習・演習のほか、農場実習、薬学部・看護学部との連携授業により幅広い知識を習得し、健康・医療・食育などに貢献できる管理栄養士を目指します。

臨床栄養学実習Ⅰ

食品栄養学科の2年生が、嚥下調整食とアレルギー対応食を作りました。
実習の様子をレポートします!

SEE MORE

先生からの厳しいチェック中

給食運営実習(校外)

食品栄養学科3期生対象の“マナー講習会”を行いました。これから始まる臨地(校外)実習に備えてマナーについての基本を学ぶ講習会です。今回の学びを臨地実習の場で十二分に活かし、摂大生の誠実さ・実直さを発揮して頑張ってください!

SEE MORE

PCRを行っている最中

生化学実験

食品栄養学科の1年生が生化学実験で、PCRによりALDH2という酵素のDNAを増幅しました。
ALDH2はエタノールの代謝産物であるアセトアルデヒドを分解する酵素です。

SEE MORE

今回使用した新鮮な食材

調理学実習Ⅱ

食品栄養学科の1年生を対象に、産学官連携のお魚料理教室を開催しました。
長崎で捕れた新鮮な「ヒラマサ」を使用し、「ヒラマサ出汁お茶漬け」や「ヒラマサの刺身」などを作りました。

SEE MORE

農学基礎演習

食品栄養学科の1年生が「かみなか農楽舎」(福井)と「類農園三重農場」で稲刈りをしました。
各自が鎌を使って稲穂の実った稲を手刈りしました。稲刈りを通して、食品の流通から日本の農業経済の問題まで、幅広く学びを深めることができました。

SEE MORE

アイスクリーム完成

食品加工学実習

食品栄養学科の2年生が、食品加工学実習でアイスクリームと豆腐を作りました。アイスクリームは「牛乳などを原料として、冷やしながら空気を含むように攪拌して、クリーム状に凍らせた菓子」です。

SEE MORE

着色料を薄層板にスポットしているところ

食品衛生学実験

食品栄養学科の2年生が食品衛生学実験で市販のお菓子に含まれる着色料の分析をしました。
食品中の添加物や農薬を分析し、食品の安全を守ることも管理栄養士の大事な仕事の一つです。

SEE MORE

和風ハンバーグ(Bクラス3班)

給食経営管理実習

給食経営管理実習では、栄養管理、献立作成などの食事の計画や、材料の発注、調理、配膳、下膳などの給食にかかわる一連の作業を行いました。前期の献立を紹介します!

SEE MORE

TEACHERS

摂南の食品栄養学科には、健康・医療・食育に関する16分野の研究室があり、実験や地域・企業との連携により、様々な課題の解決に挑んでいます。また、親身になって相談に乗ってくれる22名の教員がいます。

図リスク分析

平原 嘉親[准教授]

食品衛生学研究室

写真:平原 嘉親

添加物や農薬を安全な量で使うことは食品を無駄にしないために大切なことです。食品の安全を科学の力で正しく守っていきましょう。

SEE MORE

図1 粉末の電子顕微鏡写真

吉井 英文[特任教授]

食品加工学研究室

写真:吉井 英文

食品を粉末化するための画期的な手法を一緒に開発しましょう!

SEE MORE

shika (1)

黒川 通典[教授]

公衆栄養学研究室

写真:黒川 通典

夢は見るものではなくて、かなえるものです。私たちはそのためのお手伝いをします。

SEE MORE

浸漬水の供給装置

水間 智哉[教授]

食品学研究室

写真:水間 智哉

発酵食品には、原材料本来の特性に加えて、栄養的、嗜好的、健康的価値を高める可能性があります。発酵食品を中心とした新食品の創出を一緒に目指しましょう。

SEE MORE

うさみんイラスト3COPYRIGHT© 摂南大学 農学部 食品栄養学科. All Right Reserved.